ドローン資格を取得する強み

ドローンの資格を学ぶと知識を増やすことができ、認定証をもらうことができます。認定証は国土交通省への飛行許可申請のときの実績証明として利用することができます。

ドローン資格講座で学べる内容

  • ドローンの操縦の基本から技術と知識を学ぶことが可能
  • トラブルなく安全に飛行するための知識と操縦が学ぶことが可能
  • 屋外だけでなく屋内で安全に操縦する技術を身につけることが可能
  • 飛行方法だけでなく、撮影方法を学ぶことが可能
  • 3次元測量の技術を学べ、ドローンを使った測量のノウハウが身につけることが可能
  • インストラクターやプロパイロットとして活躍する講座も学ぶことが可能
  • ドローンに使われている、パーツの名前や工具の名前も学ぶことが可能
ドローン

遊びを超えた操縦

ドローンを飛ばすには特に免許は必要なく、場所を管理している人が禁止しておらず、常識の範囲内であれば誰が自由に飛ばしても問題ありません。ただ航空法を始めとして、ドローンを使用する上では無視できない法律がいくつかあり、また操作方法に関しても知らなければならないことの数は多いです。そしてドローンはその使用目的がただの遊びに留まらないため、その知識や操作技術はビジネスチャンスにも繋がるステータスになり得ます。それを資格として認める制度が民間から数種類出されていて、ドローンを使用する目的や求められる技術によって基準が異なります。中には特定の資格を得るためのスクールも開催されているところもあり、ドローン需要の影響力の大きさが伺えます。

内容の違い

ドローンの資格はメーカーを始めとして様々な組織が出していて、数が多いので自分に合ったものを正しく選ぶ必要があります。安全に操縦することを目的としてアピールするのか、操縦以外に関してもドローンに関することなら何でも知っていることを強みにするのかなど、判断材料になる要素は多いです。ドローンを仕事に繋げたいという漠然なイメージを持っているような人は、限られた業種でのみ活躍できる種類を選択するのもひとつの手です。

取得難易度の違い

ドローンの資格の中には筆記試験だけで知識のみを問われる場合もあれば、操縦技術に重点が置かれることもあります。また料金も数千円から数十万円と幅が広く、独学だけで取得可能なものだけでなく併設されているスクールでの学習が必須条件など、時間的にも異なります。そしていずれも取得できなければ資格としてアピールすることが出来ないので、難易度も考慮しなければなりません。なので資格の数は絞って、取得するために必要な勉強だけに集中するようにしましょう。