HOME>記事一覧>人気のドローンを上手く活用する為におすすめの資格とは?

目次

なぜ知識が必要か

近年、ドローンは個人で空撮を楽しむ、仕事で必要な映像を撮影するなど活躍の場が広がりつつあります。現在、ドローンの飛行などについては法律や条例で飛行させてはいけない場所についての定めはありますが、操縦に関しては、操縦方法が分かれば誰でも操縦は出来ます。そうした状況ですが、日本ではドローンなどの無人航空機に関する資格が存在します。資格を取得する目的には、資格試験の勉強から安全な飛行方法など、感覚で分かっていることを再認識するという目的があります。さらに対外的に一定の技術があることを証明できるというメリットもあります。近年のドローンの普及から、将来的には国家試験になる可能性もあると言われているため、そうした側面からも業務でドローンを使用する人は取っておいて損のない資格と言えます。

取得にかかるお金はいかに

ドローンに関する資格は数種類あります。その多くは専門のカリキュラムをスクールなどで受講するという形のものが多いです。受講団体により金額は異なりますが、おおよそ10万円~20万円が相場です。受講料の他に認定書の発行費用や数年ごとに資格の更新料がかかる場合もあります。検定形式で試験を受験して合格すれば得られる資格は受験級数により料金は異なり、3000~18000円となっています。

将来的にも需要が見込める

ドローンの資格は、現在は必要なものではありませんが、将来有望な資格であるという意見もあり、特にビジネス面で評判の資格となっています。ドローンに関する業務は現在の空撮だけではなく、様々な分野で活躍が見込めるとされています。そうした際に資格を所有していれば仕事の契約が取りやすくなるという事が期待できます。さらにドローンの飛行が免許制になった時にも有利になるとも言われており、現在の状況でも資格を取ることに大きなメリットがあると言えます。